はじめに
ホーム > 保険業界で働く [開業するには]

保険業界で働く

開業するには

 

なぜ今、保険代理店なのか?

険代理店(以下、代理店)になるには、代理店になるための資格を取得し、保険会社と代理店委託契約を結ぶ必要があります

一般的に個人でも、法人でも代理店になることができます。また未経験でも代理店になるための研修・教育を受け、一定の基準を試験等で認められれば、委託契約を締結できます
しかしさまざまな状況から提案する保険の販売には、知識と情報そして一定の経験も必要です。保険業界未経験者は、保険会社や代理店にて経験を積んでから開業しても遅くはないでしょう。

 

保険代理店として飛躍するには

理店では、保険会社でつくられた保険商品を提案するため、既に商品は完成されたものです。また開業資金も、他の業種に比べると少なく済みます。パソコンや 電話などの通信手段、自宅などの事業拠点が必要ですが、初期投資は事業としては少ないでしょう。したがってリスクも低く、比較的すぐに事業を立ち上げるこ とができます。また事業を発展させるためには保険会社等のフォローも受けられる場合も多く、その点では安心と言えるでしょう。

勧誘や契約などの運営に関しては、コンプライアンス意識とスキルアップを常に心掛けること契約者への適切、かつ親身なアドバイスができることが重要です。つまり契約者の話に耳を傾け、契約者の力になりたい、という顧客中心主義の姿勢が大切だということです。このスタンスを貫くことは、必然的にコンサル ティングを中心にした営業スタイルになるでしょう。そのためには商品知識はもちろん、法律の改定など保険周辺の最新の知識、情報を常に吸収しておく必要があります。このように圧倒的な知識と情報を、分かりやすく契約者にアドバイスしていくには、やはり経験も必要です。先にも述べたように、未経験者であればまずは保険会社や代理店への就職がお薦めでしょう。

また保険は契約者が病気やケガ、万が一の時に頼るものです。
保険商品を販売することだけが目的ではなく、その後のフォローが重要なのは言うまでもありません。
さらにフォローに対する契約者からの感謝の気持ちは、何物にも代えられないものです。コンサルティング能力と、もしもの時に頼れる代理店であれば必然的に活躍の場は広まるでしょう。