はじめに
ホーム > 後悔しない代理店・FPの選び方 [いざという時に頼れる方]

後悔しない代理店・FPの選び方

いざという時に頼れる方

 

頼れる保険に入るには

険は一体、何のために加入するのでしょうか。税金対策として活用されることもありますが、多くはリスクヘッジのためでしょう。保険に加入する契約者それぞれに、考えられるリスクは違います

たとえばケガや病気により入院することになりました。自分の入院費用が掛かる
ことは容易に想像できます。
加えて養うべき家族がいる場合、家族の生活費も気になるでしょう。独身であっても、既婚者でも家賃や住宅ローンを支払っているなら、長期入院になればなる程、気になる負担です。会社員や公務員なら傷病手当金という公的な給付を受けられる場合もありますが、自営業者ではそうはいきません。

 

保険加入は誰のため?

のようにさまざまなリスクがある中で、そのうち1つのリスクをとっても、契約者のワーキングスタイル家族構成をはじめとするライフスタイルや、今後のラ イフプランによって必要な保障は違います。もしもの時に頼れる保険は、契約者の状況を汲み取った上で加入したものであり、このようなアドバイスを与えてく れる保険代理店(以下、代理店)や保険募集人を保険のプロフェッショナルだと言っていいでしょう。

逆にいざという時に頼れないのは「手厚い保障」、「今までの保険よりお得」、「この保障内容で月々○円は割安」といったメリットだけを強調した保険や、こ の言葉だけを連呼する代理店や募集人です。中には新しい保険商品のキャンペーンなどを前面に出してアピールする場合もあります。もしかしたらその新商品 は、消費者にとって最適な1つなのかもしまれません。ただ本当にその消費者に勧める商品であれば、キャンペーンを強くアピールする必要はないでしょう。
つまりキャンペーンや手厚い・お得・割安といった言葉だけで保険を勧めることのない人が、イザという時に頼れる人であり、頼れる保険を提案してくれると考 えられます。