はじめに
ホーム > 後悔しない代理店・FPの選び方 [本当に親身になってくれる方]

後悔しない代理店・FPの選び方

本当に親身になってくれる方

身になってアドバイスをしてくれる人から納得して保険の契約を決めたい、とは誰も願うことです。

自身を守ってくれる大切な保険を考える上で、良きアドバイザーを見つけることは非常に重要です。消費者、つまり契約者側になって考えてくれる保険のプロフェッショナルが求められているのです。

 

親身になってくれる保険のプロを見極めるポイント

険のプロである保険代理店(以下、代理店)や、お金のプロFP(ファイナンシャルプランナー)など、保険についてアドバイスをくれるプロは大勢います。その中で消費者側のことを考えてくれている人かどうかを見極めるには、デメリットの説明をしてくれるかどうか、これが非常に大きなポイントになるでしょう。

保険のメリットしか説明しない代理店はもちろん、「あなたのライフスタイルにはこの保険が最適。」と、自分のライフスタイルや将来のプランを聞いた上でアドバイスをしてくれる、一見親切な提案も実は、要注意です。確かにライフスタイルや、将来設計を見据えた上でのアドバイスは大切です。やみくもに保険を勧めていないことには好感を持つことができます。しかし保険にはメリットとデメリットが確実に存在します。「こんな場合は保険が下りません」、「こんな人は加入できません」、「ここがこの保険の問題点」という、マイナスの要素こそ、契約者がこの保険に安心感を持てるかどうかの分かれ道です。今後も長く付き合っていく、代理店と担当者である保険の募集人は、夫婦と同じです。長く安心と信頼を寄せるためには、悪い面も知っておかないといけないのは当然のことでしょう。

もちろん、免責(めんせき)といって保険金が支払われないケース、つまりデメリットを聞いて、加入を止めることもあるでしょう。契約に至らないことは、代理店のビジネスという側面からみたらマイナスです。それでもきちんとお客様と向き合って、メリットもデメリットも説明してくれる代理店なら、消費者も安心して自分の保険を任せられると認識してくれます。長きにわたり安心したコンサルティングを提供できることが重要でしょう。